所属祝い金キャンペーン実施中!≫

マイナンバーと副業バレ対策

マイナンバーと副業バレ対策

マイナンバー制度の導入で、高収入業界で働いていることや副業バレしてしまのではないかと
ご心配なさっている方もいらっしゃるかと思います。
ジールグループではマイナンバーによる副業バレ対策を無料相談サービスにて行っております。

  • 平成28年の1月からスタートするマイナンバー制度
    平成28年の1月からスタートするマイナンバー制度

    平成28年の1月から
    スタートするマイナンバー制度

    マイナンバー制度は国民一人一人に12桁の番号が割り当てられる行政システムのことです。
    平成28年の1月からスタートしますが詳しい事を知っている人は少ないかと感じます。
    ご自宅に自治体が交付する「通知カード」が届き、ここに記載された12ケタの番号が、「マイナンバー」となります。

  • マイナンバー制度導入の目的
    マイナンバー制度導入の目的

    マイナンバー制度導入の目的

    「行政の効率化」「公平・公正な社会の実現」のためと表向きはなっていますが、要は「税金を漏れなく徴収する」ことが目的と考えられます。
    マイナンバーの利用範囲は、当面は「社会保障(年金・労働・福祉・医療・その他)、税、災害対策の3分野」のみ。
    つまり、今後は給料をもらったり、税金を払ったり、社会保険料を支払うのに、マイナンバーが必要になります。
    さらに、確定申告、医療保険の保険料支払い、年金の給付を受ける際、相続する際なども必要となります。

  • マイナンバーと副業バレ
    マイナンバーと副業バレ

    マイナンバーと副業バレ

    ネットだけの情報だと高収入業界で副業をするとデメリットが生じるなど不安要素が多数書き込んである為、せっかく勇気を持ってジールグループのHPをご覧頂いたあなたも躊躇されているかもしれません。
    しかし実際にマイナンバーの導入によりどうなるのか詳細はまだ不透明な部分が多く、まだはっきりしたことはわからないというのが現状です。

  • マイナンバー制度導入により、なぜバレる可能性があるのか?
    マイナンバー制度導入により、なぜバレる可能性があるのか?

    マイナンバー制度導入により、なぜバレる可能性があるのか?

    身内にバレる可能性と会社にばれる可能性が考えられます。
    身内に副業がバレる原因としては、扶養から外れることによるものが一番多いです。
    扶養から外れると、世帯主の税負担額が増え、年金からはずれ、独自に入る必要が出る場合があります。また様々な手続きが発生します。
    会社勤めであれば、年末調整で所得税の支払いや還付を行いますが、住民税には給与所得以外に副業の税金も含まれます。
    会社は支払っている給与を把握していて、住民税が給与と比較すると高額な場合は副業に気づく可能性があります。
    個人の環境や状況によってことなりますので、不安な方は専門家に聞くのが一番です。実務に詳しい税理士・公認会計士に相談しましょう!

  • マイナンバーと副業バレ対策の無料相談サービス
    マイナンバーと副業バレ対策の無料相談サービス

    マイナンバーと副業バレ対策の
    無料相談サービス

    そこでジールグループでは弊社に興味を持ってお問い合わせ頂いた方全員に弊社と顧問契約をしている税理士・公認会計士の方へのマイナンバーと副業バレ対策の無料相談サービスを行っております。
    ジールグループでは皆様の不安要素をできるだけ軽減し、ご納得いただいてから、安心してお仕事をスタートしていただけますよう心がけています。
    マイナンバーに関わるお金・副業バレ関係での疑問・不安などがございましたら、ご質問頂けたらと思います。

ページトップへ戻る